大型艦は大変だけど寛容である – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 完

この数か月、入院したり薬の副作用で惰眠を貪ったりで随分と間が開いてしまったが、フライホークの「プリンス・オブ・ウェールズ」の製作記、完結である。 “大型艦は大変だけど寛容である – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 完” の続きを読む

再び、戦間期~第二次大戦初期におけるイギリス本国艦隊の色調を考える – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 10

この記事を書いている2023年秋から見ると、この「プリンス・オブ・ウェールズ」(以下、「PoW」)を塗っていたのは約5年前の出来事になるのだが、こう云った後追いまとめ記事の辛いところで、「今となっては明らかにおかしいのだが、製作記事なのでそのまま紹介せざるを得ない」と云う事がまま起こってしまう。

すなわち、本稿の「PoW」の塗装については、写真をあまり信用しないで欲しい
それはいかなる理由か?
“再び、戦間期~第二次大戦初期におけるイギリス本国艦隊の色調を考える – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 10” の続きを読む

プロポーション、二兎を追っては一兎半 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 1

HGオリジン版RX-78、イマドキっぽいと云えばそうなのだが、全体に子供っぽいバランスで巨大感が無い。これを最低限の加工で何とかし、あわよくばカトキ版78にも似せていきたい、と云う二兎を追うのが今回のお題。さて、無事兔は獲れるのか。
“プロポーション、二兎を追っては一兎半 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 1” の続きを読む

「紙の燕雀洞」あらわる、そして、ウェブと紙の特性のはなし。

紙の燕雀洞、と云うものが出来た。
ホビージャパン誌で担当頂いている編集氏から、今度スケールモデル専門ムックを出すのでいつもの燕雀洞のノリで一本書かないか、と云う打診があったのだ。
では今後、燕雀洞は紙に舞台を移すのか? 勿論、否である。

“「紙の燕雀洞」あらわる、そして、ウェブと紙の特性のはなし。” の続きを読む

カトキ版RX-78-1小史 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 序

今を遡ること3年ほど前、モデラー仲間内で当時旬だったHGオリジン版RX-78を肴に皆で競作しようぜ、と云う企画が始まった。私はプロトタイプガンダム担当と云う事で、取りあえず銀黒赤に塗っときゃソレっぽく見えるでしょ、と始めたものの、例によって沼に嵌る。
“カトキ版RX-78-1小史 – 1/144でHGオリジン版ガンダムをプロトタイプガンダム風に作る: 序” の続きを読む

フライホーク VS ナノ・ドレッド、ハイディティール系両雄のポンポン砲を比較する – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 9

キットのポンポン砲はフライホークらしいメリハリの利いた彫刻で、非常にフォトジェニックだが全体にちょっとムッチリした感じがする。
そこで、以前イラストリアスを作った際にギリギリ間に合わなかったナノドレ版のレビューも兼ねて両者を比較してみる。6年前の製品なので今更ではあるが。

見た目だけならWW2最強対空兵器と名高い(?)「ヴィッカース QF 2ポンド砲」、通称「ポンポン砲」その知名度の割に良い造形のプラパーツに恵まれなかったのだが、近年フライホーク(以下、「鷹翔」)とファインモールドのナノ・ドレッド(以下、「ナノドレ」)から相次いで素晴らしいモールドのポンポン砲が登場した。

キットのポンポン砲はフライホークらしいメリハリの利いた彫刻で、非常にフォトジェニックだが全体にちょっとムッチリした感じがする。
そこで、以前イラストリアスを作った際にギリギリ間に合わなかったナノドレ版そして、自作した途端にナノドレ版が発売されると云う、例のジンクスが発動)のレビューも兼ねて両者を比較してみる。6年前の製品なので今更ではあるが。
“フライホーク VS ナノ・ドレッド、ハイディティール系両雄のポンポン砲を比較する – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 9” の続きを読む

レーダーアンテナに敢えてエッチングを使わない、と云う選択 – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 8

高角砲や対空機銃の管制に使われる対空レーダー、フライホークの「プリンス・オブ・ウェールズ 豪華版」にはエッチング製のアンテナが付属している。
これをそのまま組めば、手軽に精密でスケール感に見合うレーダーアンテナが再現できる……と思いきやさにあらず。
“レーダーアンテナに敢えてエッチングを使わない、と云う選択 – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 8” の続きを読む

副錨はニューファンドランドに消えた – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 7

「プリンス・オブ・ウェールズ」(以下、「PoW」) の副錨について、以前ツィッタァにて、キットの副錨が撤去状態なのは同型艦の写真からの誤認ではないか、と書いた。
しかし、そうではなかったのだ。写真からは撤去のタイミングが数日単位で絞り込めるのだが、状況としては不可解なものであった。
“副錨はニューファンドランドに消えた – 1/700でKGV級戦艦プリンス・オブ・ウェールズをつくる: 7” の続きを読む

クリスマスには赤い国の緑の戦車を – 1/72でKV-2戦車をつくる

メリークリスマス! クリスマスと云えば赤と緑だよね、て事で、今回は赤い国の緑の戦車、KV-2を作った話。
90年代AFVブーム以来、約四半世紀ぶりの戦車模型、さてどうなるか。
“クリスマスには赤い国の緑の戦車を – 1/72でKV-2戦車をつくる” の続きを読む